育児ノイローゼ@情報ガイド | 症状・治療・対処編

育児ノイローゼについて

■子育ての問題点2

育児ノイローゼというものは子育てにおける問題点からも発症する可能性が考えられます。

特にまだ赤ちゃんであるにも関わらずに、もう学力のことを気にしているお母さんが増えているのです。 つまり、それは日本の小中学生の学力は、国際的レベルで見ても低下している現状があるからに他ならないでしょう。 これは日本社会において非常に深刻な問題となっており、明らかに日本の子供の意識というものが変わってきています。

例えば意欲の低下をはじめとして、ゆとり教育の弊害、勉強以外の遊びの多様化、食文化の崩壊など、様々なものが上げられます。 こういった現実があるがために、しっかりと育てなくてはと焦ってしまうお母さんが増えているのです。 つまりこれも育児ノイローゼになってしまう一歩手前といってもいいのかもしれません。

しかしながら、一番の問題点として挙げられるのは「ゆとり教育」でしょう。これに関しては、文部科学省は完全に計算違いをしていたといっていいのです。 明らかにこれは国のミスであり、日本を停滞させることになるかもしれないであろう要因を作ってしまったのです。 時間にたっぷりの余裕があれば、勉学に励むという予測事態が間違っていたのです。これは子供に弊害であるばかりです。

また最近ではメディアの影響というものが非常に強く、テレビ番組や新作ゲームソフトが子供の購買欲をかき立てています。 これも大きな問題点となっているのは言うまでもありません。親の願いとは裏腹に子供は自分の求めることをしてしまうのです。 その一つになれないもどかしさからも育児ノイローゼを発症する可能性が高くなっていきます。

[PR]行政書士の履歴書の書き方


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 育児ノイローゼ@情報ガイド | 症状・治療・対処編 All Rights Reserved.